仕手株の特徴として「株価の急騰・急落」が挙げられます。特に初心者の方が仕手株を知らないと損することがあるので、きちんとした情報を知ることが必要です。また、悪質な仕手株情報を流す業者もいますので注意しましょう。

仕手株の可能性ある京福電鉄と可能性ない弥栄電線

仕手株というのはたまたま持っていた銘柄が狙われて、一番高値で売ることができれば幸運ですが逆に仕手株と化した株に飛びついてしまうと大きな損失を抱えてしまうことになります。
元々人為的に吊り上げられた株で材料があるわけではありませんから、一度仕手筋が売り抜けてしまえばそれ以上買いが続くこともありませんから、ボロ株を高値で掴まされてしまうということになります。

そのため、急騰している銘柄があった場合にはまず材料があるのか、仕手株ではないのかを判断して次にポジションを取るにしても少しでも下げそうな雰囲気があったら、直ぐに損切りをするということが重要となります。
傷が浅い内に逃げることができれば、大きく拾える可能性のある分だけ仕手株や急騰している銘柄を購入する価値もありますが、大きな損失を抱えてしまうようではリスクが大きすぎます。

それでは仕手株にはどのような銘柄が選ばれやすく、どのような銘柄が選ばれにくいかというとまず選ばれにくいのでは弥栄電線のような非上場の企業になります。
株式市場に上場しているわけではありませんから、株価の吊り上げを行うことも難しければ株を買い集めることも難しく、売りつける相手を探すのも大変であるため、非上場の銘柄の場合には仕手筋に狙われにくいものとなります。

逆に京福電鉄のように時価総額が、50億円程度の企業であればわずかな資金力があれば株価を大きく吊り上げることも不可能ではないので、仕手筋にとっても狙いやすい銘柄となっています。
そのため、このような小型の銘柄が突如として急騰をした場合、材料がないのであればそれは仕手株である可能性も高いので、更に上がるのではと飛びつくのではなく静観をするのに限ります。