仕手株の特徴として「株価の急騰・急落」が挙げられます。特に初心者の方が仕手株を知らないと損することがあるので、きちんとした情報を知ることが必要です。また、悪質な仕手株情報を流す業者もいますので注意しましょう。

仕手株による株価の変動について

仕手株とは、仕手筋が扱う株式です。仕手筋は株価を操作して利益を得る集団を指します。巨額な資金を武器にして意図的に株価を操作し、それによって利益を得ようと考えます。仕手筋が資金を投じると、企業の業績とは関係なく上昇や下落をし、それによって利益を得ていると考えられます。

具体的には、まず安いものを少しずつ買い集めます。こうすることによって、徐々に上昇を続けます。そして、何らかのニュースが流れたときなどに、一気に買い上がります。大きな資金を投入することによって、上昇が一気に起こります。このようになると、上昇率ランキングなどに登場したり、ニュースに取り上げられたりすることによって、他の投資家も買い注文を入れ、それを巻き込んで上昇を続けます。そして、大きく上昇して買い注文が集まったときには、すでに売り抜けていると考えられます。

仕手筋が好む銘柄を仕手株と呼びます。具体的には、時価総額が小さいものが好まれるようです。時価総額が小さければ操作しやすいと考えられます。大きな資金を投じると、その資金によって上昇するという傾向がありますから、操作しやすいと考えられるのです。ただ、仕手筋というのが本当にあるのかどうかは分かりません。過去には有名な仕手筋もあったのですが、現在のところはすでに存在していないと考えられることが多いです。なぜかというと、日本の市場がグローバル化しているからです。グローバル化したことによってプレーヤがー増え、株価の操作が難しくなってきたと考えられるために、仕手筋はやりにくくなったと考えられているようです。現在でも仕手株として認識されている銘柄はたくさんあり、値動きが軽いことから短期筋には人気を集めています。