仕手株の特徴として「株価の急騰・急落」が挙げられます。特に初心者の方が仕手株を知らないと損することがあるので、きちんとした情報を知ることが必要です。また、悪質な仕手株情報を流す業者もいますので注意しましょう。

仕手株でキャピタルゲインよりハードオフのような銘柄を

仕手株に飛びつけばボロ株を高値で掴まされてしまい、損切りをするにしても塩漬けにするにしても大きな痛手となってしまいます。
仕手株と知って飛びつくのであれば、逃げ足を早くすることによって上手くすれば利益を手にすることができる可能性もありますが、少しでも逃げ遅れれば大きな損失となってしまいます。
また、知らずに飛びつけば更に自体は深刻なことになり資産の多くを吹き飛ばしてしまうぐらいの、損失になってしまうことがあります。
そのため、怪しい値動きをしている株というのは近寄らずに見ているだけが賢明なのですが、どうしてもグングンと上がっていく株価を見ると飛びつきたくなってしまうものです。
しかし、仕手筋というのはそのような人間心理を読むことに長けている集団なので、高値で掴まされては底値で売らされ、それを繰り返す内に天井で掴んでしまい完全に逃げ場を失ってしまう可能性の方が高いのです。

確かに短期間で大きなキャピタルゲインを得ることができる、可能性を考えれば仕手株は魅力的ではありますが、ハイリスクハイリターンであるためトータルで見れば収支はトントンになるわけですから、労多くして功少なしということになってしまいます。
それであればハードオフのような右肩上がりで株価が上昇していて、配当も出る銘柄をじっくりと保有すればインカムゲインとキャピタルゲインの両方を手にすることができます。
右肩上がりに株価が上がっている銘柄というのは、業績も好調で保有をするのに適した銘柄であるため仕手株と違って多少株価が下がってしまったところで戻ってくる可能性が高く、ボロ株を何年も塩漬けにさせられるのとは訳が違い安心して保有をすることができるのでキャピタルゲイン狙いでもこのような銘柄のほうが優れています。