仕手株の特徴として「株価の急騰・急落」が挙げられます。特に初心者の方が仕手株を知らないと損することがあるので、きちんとした情報を知ることが必要です。また、悪質な仕手株情報を流す業者もいますので注意しましょう。

コクヨ、タカラレーベン、ハウスコムは仕手株化しにくい

コクヨやタカラレーベンにハウスコムといった企業は仕手株化しづらいものですが、それには理由がありまずコクヨやタカラレーベンは東証一部の銘柄でそれなりの規模があるため、株価の吊り上げがしづらく仕手株として狙われにくいものとなっています。

仕手株は安値で株を買い集めることと、株を集め終わった後に株価を吊り上げ高値で売りつけることで利益を出すわけですが、規模が大きいと簡単には株価の吊り上げができないため仕手株としては適さないため選ばれにくいものとなっています。
それではハウスコムはなぜ狙われにくいのかというと、ハウスコムは企業の規模としてもそれほど大きなものではなく資金力があれば株価の吊り上げを行うことはそれほど難しい銘柄ではありませんが、堅調な業績を上げている企業であるため株価がゆるやかな上昇基調を描いています。

そのような銘柄の場合、今度は株を買い集めようとしても買い集めている内に株価が上昇してしまい仕手筋が満足することができるような十分な利益を上げることができないため、このような銘柄も仕手株としては狙われにくいものとなっていまS。
そのため、仕手筋に狙われやすい銘柄というのは企業としての規模が小さく時価総額の低い株価の吊り上げやすい銘柄で、かつ業績も悪くあまり人気のない銘柄が狙われやすく。
仕手株に狙われたくないと考えるのであれば、堅調な業績を上げている企業であったり規模が大きく株価の吊り上げが用意には行うことができない企業を選ぶとよいでしょう。
仕手株に巻き込まれてしまうと、大きな利益を出すことができる可能性もありますがその一方で大きな損失を出してしまう可能性もあるだけに十分に注意をする必要があります。